アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • オーナー側の事情を知る

    貸マンションの検索サイトなどを見ていると、ペット飼育相談、といった表現を目にする

  • 気をつけたいポイント

    近では増えてきた、ペット飼育可の賃貸マンションですが、探す際や契約の際、実際に居

都市部を中心に増加

ねこ

かつてはマンションやアパートなどの集合住宅でペットを飼うことは殆どの場所で禁止され、そのようなことは庭が付いた一戸建てでのみできることだというのが一般的な認識でした。
それでも、こっそりと賃貸マンションで飼ったりするケースもあり、それがもとでほかの住人やオーナー、管理人とトラブルになるケースもありました。
トラブルとなるケースの背景をもとに、また賃貸マンションでもペットを飼いたいという人たちの増加にも伴い、公式に「ペットを飼ってもよい」、というマンションも、大都市部を中心に増えてきました。
こうしたマンションでは、公式に飼ってもよい、としているため、賃貸に際して借り手も貸し手もそのことを承知した上で契約しており、関連した条項が契約書に明記されていることも少なくありません。
そして、他の住人もそのことを承知した上で入居しているので、もしくはほかの住人もペットを飼っているため、よほど非常識なことが無い限りはそのこと事態が問題になることもありません。
そのようなマンションでは、建物や設備に様々な工夫をしていることが多く見られます。
例えば、建物の外に専用の足洗い場を設けて建物内が清潔に保たれることを重要視したり、一緒に遊ぶことができる共用スペースが設けてあったり、床や壁の素材に傷がつきにくいもの、音の遮断性の強いもの、を使ったり、室内にはペット専用のトイレの設備やスペースを設けたり、といった、細部にわたるまで、快適に一緒に住むことができるための工夫がなされているのです。
このような特別な仕様になっている物件では、それだけ建築や管理に余分なコストがかかっているため、同様のほかの物件に比べて賃貸料が高い場合も少なくありません。
しかし、ペットとともに、ほかの住民やオーナーともトラブルになることが無く安心して住みたい、という人たちが増えているために、大都市圏を中心に、このような物件の需要は増える傾向にあるといえます。

オススメリンク

オーナー側の事情を知る

賃貸マンションの検索サイトなどを見ていると、ペット飼育相談、といった表現を目にすることがあります。こ…Read more

気をつけたいポイント

最近では増えてきた、ペット飼育可の賃貸マンションですが、探す際や契約の際、実際に居住している間にはい…Read more

関連リンク